本文へ移動

栄養管理課

経験豊富な管理栄養士のもと、調理師、栄養士、助手がチームワークを組んで業務にあたっています。疾病の治療と回復を目的とした食事療法を行っています。原則として個別管理での栄養量を提供しています。なかでも、摂食嚥下機能レベルに応じた調理形態に力を注ぎ、経管栄養から経口摂取への移行を、それぞれの専門スタッフと連携して行っています。栄養管理計画を作成し治療回復のサポートを行います。
患者さまの、食べる喜びを思い描きながら、温かな食事を提供しています。

食事サービス

  • 朝食8時、昼食12時、夕食18時です。
  • 各病棟食堂のカウンターで盛付をし、温冷配膳で提供しています。
  • 病状によっては、特別なお食事(流動食、粥食、糖尿病食、肝臓食、腎臓食、減塩食)をお出しします。

献立例

・通常食
摂食・嚥下、消化吸収が正常な方向けのお食事です。
嚥下食(粗きざみ)
嚥下食(細きざみとろみ付)
疾病や高齢により、食事の際、のどにつまったり、むせたりし、通常の食事を摂ることが困難になります。
きざみ食からペースト食まで、嚥下のレベルに応じた食事を提供します。
糖尿病食
糖尿病の程度に合わせて、カロリー計算された食事を提供します。
TOPへ戻る